健康と精密検査:大腸カメラのほろ苦い思い出

健康でもたまには精密検査

食べたり飲んだりが、どうしても好きなのですが、たまには健康ネタでいきましょう。

8月初日に2、3年ぶりに受けた健康診断で、胃ポリープで引っかかってしまいました。健診が久々だったのは会社を辞めてオーストラリアに行っていたからですが、前はいくつかオプションをつけても、ほぼほぼオールA。

ただ、若い頃に一度検便で引っかかって、当時伯母と伯父に大腸がんが見つかったので、それを機に一度大腸内視鏡は受けました。その時のほろ苦い思い出があり、今回の胃カメラはどうしたものか、というかどこでどうやって受けようか、と暫く悩んでいました。

大腸カメラ第一関門

ほろ苦い思い出、、、、

大腸内視鏡はお尻からカメラがついた管を入れる検査で、内視鏡前に2リットルの下剤を飲んで、胃腸の中を全部出してきれいにしてから受ける必要があります。これが最初の難関。美味しくもないポカリスエットが重たくなったような飲み物を2リットル飲みながら、トイレに通う。下剤液体が味がまずいわけではないのですが、段々身体全体が拒否し始めるのを、無理やり飲んで出す。そして、液体なので、段々身体が冷えてくるんです。

大腸カメラ本関門

その後検査そのものが、下手な先生がやると、痛いです。というのも、腸はふにゃふにゃなので、管を大腸が始まるところまで通すのに、空気を入れると通しやすくなる、これが痛い。上手な先生は、空気をほとんど入れずに入れられる。経験値がないとだめなので、どの先生も若い頃は検査を受ける人に痛い思いをさせてしまうのだと思いますが・・・あと、腸はふにゃふにゃなので、手術歴や他の臓器に疾患があると、腸が癒着、つまり外側でくっついていることがあって、そこに管を通す先生も通される患者も大変になります。

で、当然上手な先生にやってもらいたいわけです。当時もこの検査の手技を売りにしているクリニックはいくつかあって、定評があるクリニックを予約しました。

ハップニング

なんと検査の数日前、その医師が交通事故で怪我をしたので、検査中止と・・・お一人でやっているクリニックなので、中止でした。

検査が上手というクリニックって混んでるんですね。約3ヶ月くらい待っていて検査中止、しかも交通事故なのでいつ復帰できるかわからない。

そこで、別の大腸肛門科を予約しました。そちらも検査はかなりこなしているようでしたので。

トレーニング台!?

私は根本的に誰が見ても健康に見えるんです。既往歴、つまり今まで重大な疾患にもかかってなくて、手術歴もない、入院歴もない、薬も服薬していない、医学的には若年者、恐らく腸の癒着もない。で、そのクリニックでの検査は、院長先生立ち合いの元、若い先生、どうやら息子さんがやりました・・・・私はまるでトレーニング台!

多少の鎮静剤は使いましたが、意識はあったので、自分も画像も見ていましたし、院長先生が「ほら、そこ、いや、こっち、いや、あっち、よし、そこだ、」みたいな指示をしていて、やはり空気を入れられ、「先生、お腹痛い・・・」と時々つぶやく私。

ポリープが一つあったんです。ただ、これ、若年性大腸ポリープ。これも内視鏡で切除して、組織検査に出した結果だったわけですが、これも若い先生のポリープ切除の練習だったのか!?ちなみに、「高齢者にもできますから」だって!

ちゃんと支払いました。美容院のカットモデルだと、昔は無料でしたが、今は特別料金だったりするのかな?

オーストラリアでは、すごく安い値段で理容の専門学校でカットモデルでカットしてもらったりできます。かくいう私はオーストラリアのマッサージの資格を専門学校で取りましたが、ここでも学生クリニックがあって、学生にとっては単位の実習、このクリニック自体は非常に安価ですが、トリートメント料は取っていました。

医師の場合は、当然医師免許は持っているし、研修も済ませているのでしょうが、熟達するには経験値と指導者が必要なのでしょう。ならば、検査代を多少安くしてくれ、と言いたいところですが、院長お父様がついているので、問題があれば交代できる、というところですかね。

結局大腸も健康も、何も問題はなかった検査でしたが、この思い出があり、今回の胃カメラは実験台にならない、も条件に入れて選びました。こちらの感想は次回に書きたいと思います。

医学だけではなく、検査も進歩する

医学、医薬の進歩はめまぐるしく、画期的新薬やロボット手術、と留まるところを知りませんが、検査も進歩しています。

どうやら2Lの下剤も不要なクリニックがあるらしいです。

https://www.tokyo-bayside-cl.jp/colon_camera/

病院を受診するときだけではなく、検査もよく調べて受けるべきですね。

私も次回大腸カメラを受けるときには、参考にしたいです。

大磯のマチノアカリ

大磯ネタを引っ張ります(笑)

 

普段、仕事の方向も友人と出かける方向も東京側なので、湘南グルメは旅行者並みにワクワクします。

久々にゆっくりできた夏のランチに、非日常を楽しみに行ったのが、大磯のビストロ、マチノアカリでした。8月に稲村ヶ崎で行ったのがヨリドコロでしたが、カタカナ店名が流行っているのかな?

 

以前は東京で営業していたビストロさんが、湘南に引っ越してきたお店とのことです。

大磯駅から歩くこと約15分、住宅街の中にあります。車で行きたくなるかもしれませんが、お料理がワインにとても合うので、ワイン好きな方々はぜひお車は避けましょう!

 

お通し?は茹でピーナッツ

f:id:lohasshonan:20170930221106j:image

 

前菜は、友人と2人でアボカドのサラダと何かのお魚のマリネ

 f:id:lohasshonan:20170930221243j:image

 

メインはナスに挽肉が乗って焼いたの 

f:id:lohasshonan:20170930221530j:image

 

そしてデザートは、ピーチメルバ!

f:id:lohasshonan:20170930221617j:image 

このデザート、写真の色は毒々しく見えますが、アイス、ピーチにラズベリーソース。フレッシュピーチを使っていて、甘酸っぱくて、美味しいんです!

 

オーストラリアがまだイギリス領だった頃、1800年代後半から1900年代初めにかけて活躍した、ネリーメルバというオーストラリア出身のオペラ歌手がいました。ピーチメルバは、このオペラ歌手の名前が由来です。メルバがエスコフィエというシェフを自身の公演に招待し、それに感激したエスコフィエがお礼にこのデザートを創作したといいます。メルバがデザートをとても気に入って、名前を聞いたので、ピーチメルバと答えたとか。

このデザートに大磯のビストロでお会いできるとは、ちょっと感激でした!

 

お砂糖にはバニラが! 

f:id:lohasshonan:20170930221644j:image

 

ピーチメルバは桃の季節限定かもしれませんが、お店の佇まいもお料理も素敵なビストロなので、ぜひぜひ再訪したいと思います。

湘南でゆっくりランチとワインとお喋りを楽しむ、そんな休日も素敵です。 

大磯の老舗和菓子屋さん、新杵に湘南の祖を思う

先月は、ちょろちょろと出かけてはいましたが、忙しくてブログはお休みしました。

行ったのはお盆ですが、大磯に出かけた時、駅から歩いて数分のところにある老舗和菓子屋さん、新杵に立ち寄りました。

f:id:lohasshonan:20170913130948j:image

 

夏らしい生菓子の金魚を購入、兄家族も家に来ていたので、みんなに抹茶を入れてふるまいました。

 

f:id:lohasshonan:20170913131026j:image

 価格が良心的で、生菓子も一つ200円以下、名前が売れている和菓子屋さんに比べたら半額かそれ以下で、反射的にこれにしてしまいました(笑)
素朴な味と甘さ、やはり巷の一流店とは違うのは当然ですが、家で冷蔵庫で冷やして、お茶と一緒にみんなでいただいて、ほっとする午後のひとときが過ごせました。

9月になった今も東京界隈は昼間は30度近くまで上がって、まだ夏服ですが、空気はここのところすっかり秋。もはや金魚の和菓子も完全な季節外れ。生菓子は季節ごとに変わるので、今はどんなお菓子かな?

 

そして、この日は買いませんでしたが、お店で一番有名なのは、西行まんじゅう。お店にひっきりなしにお客さんが来て、これを買って行く人が一番多かったです。

 

 西行は、平安から鎌倉時代に生きた武士、僧侶、歌人です。生まれは武士でしたが、出家して旅をしながら、多くの和歌を残しました。

大磯でも、

心なき 身にもあはれは知られけり 鴫立沢の秋の夕暮

という歌を詠んでいて、後にこの歌にちなみ、江戸時代に立てられた標石に湘南という言葉があり、大磯が湘南発祥ではないか、と言われています。

こんなことで物思いにふけるのも、お菓子買うだけより、いとをかし。

今度は団子を買って、標石とやらを見に行ってみようと思います!

有名な駅の近くのケーキ屋さん、鴫立亭もここから名前を取ってますよね。

そろそろモンブランが気になる今日この頃…やっぱり、花より団子でした(笑)

 

 

 

江ノ電かぶりつきのヨリドコロ

月が変わって、8月、仕事が一日フリーになる予定がわかっていたので、午前中に藤沢で健康診断を予約していました。前日9時以降は何も食べない、その数日前から健康診断を意識して食事しているので、プチ断食状態後といったところ。そんなランチには、美味しくてヘルシーなものをゆったりいただきたいな、と思いました。

そこで、江ノ電に乗り、稲村ヶ崎へGo!

休日には観光客で一杯のこの電車も、平日のお昼頃はゆったりと座れます。

f:id:lohasshonan:20170801173740j:image

 

目指したのは、干物カフェのヨリドコロ。江ノ電かぶりつきのカウンターと、じっくり焼いた美味しい干物、そしてふっくら炊いたご飯で食べるこだわりの卵かけご飯がお目当です。

たまたま踏み切りのタイミングが良く、ちょうど席の目の前で一時停止。江ノ電のお顔が拝めました!つくづくキュートな電車だなあ、と思います。

f:id:lohasshonan:20170801181531j:image

 干物はじっくり焼くので時間がかかると聞いていましたが、卵から到着。黄身と白身に分けて、白身を小さい泡立て器で、泡立てます。

f:id:lohasshonan:20170801202207j:image

ふんわりした頃に、お膳も到着!

強者は、ツノが立つほど泡立てるとか。私は空腹に勝てず、どろっとした感じがなくなる程度でした。

f:id:lohasshonan:20170801202257j:image

白身をご飯にかけ、混ざったら、真ん中にくぼみを作って、黄身を落として、卵用のお醤油をかけます。ちなみに、魚用のお醤油とは別!

f:id:lohasshonan:20170801202503j:image

黄身は混ぜないで、崩すだけで、少しづつ絡めながらいただくのが、コツだそうです。

f:id:lohasshonan:20170801202615j:image

食後のブラックコーヒー。

f:id:lohasshonan:20170801202921j:image

 器も素敵で、コーヒーも美味でした。

こちらのお店は朝7時から、干物や卵かけご飯の朝ごはんをやっているそうです。カフェメニューもあるので、海に遊びに行く前や後に立ちヨリドコロにするのも良さそうですね!

少し前から、卵かけご飯がTKGと呼ばれているのは知っていましたが、こんな工夫を他のお店でもしているのでしょうか?

体重増加傾向で、炭水化物は少し気を付けているのですが、こちらのご飯は白米と十穀から選べるのも、嬉しいです。

また近々再訪したいお店が増えました!

 

 

 

 

旧きを思い出して、野毛で焼き鳥🎶

 

湘南に住んでいて、仕事で東京に行くことが多い生活をしていると、同じ県だし通り道なのに横浜に遊びに行く機会が逆に少なかったりします。

最近、野毛の飲み屋街の焼き鳥やに女子たちがたむろしていると聞いて、前世紀に(笑)私が女子大生だった頃、吉祥寺あたりの屋台に飲みに遊びに行くのが流行ったのを思い出して、一度行ってみたいと思ってました♪。あの頃、おやじギャル、などと呼ばれたものでした。

 そんな昔日に想いを馳せながら、友人たちと土曜の夕刻、いざ野毛へ!

と勇んで行ったは良いですが、誰もお店を知らず、Retty頼り(^_^;)

そんな訪問者が多いのか、Rettyで評判が良いお店はどこも超満員💦

ようやく一軒入れるところを見つけたのが、鳥鳥と書いて、とりちょうさん。

こちらでねぎまやレバーなど、串物からサイドのオーダーまで、楽しみました。

 

一皿目はがっついてしまい、写真を撮り忘れ(笑)ねぎまもイケましたが、レバーが美味しかったです!

 

二皿目、銀杏、ハツ、カシラ、シイタケ。

全て美味!

f:id:lohasshonan:20170724125935j:image

 

オサケ。

f:id:lohasshonan:20170724125940j:image

f:id:lohasshonan:20170724130910j:image

 

焼き鳥やさんのオムレツ!これがとても美味しゅうございました。

 f:id:lohasshonan:20170724125942j:image

またまた撮り忘れましたが、マコモダケもあって、これも美味しかったです!

2〜3杯くらいずつビールやお酒を飲んで、一人4000円から5000円。Rettyのお値段より、高めでした。

 

昔、オヤジギャルと呼ばれた頃、メニューも値段もない本物の屋台に行くと、店主のおじさんの手心が入って、ウソみたいな値段で飲み食いしたのは、前世紀の話。その分、会社員とかから取ってたのでしょうねえ。バブリーな時代でした。

 

野毛の焼き鳥やさんは、ひたする焼き鳥やさんで、デザートなどはありません。

まだコバラが空いていたので、デザートを求めて野毛の街を徘徊しましたが、このあたりはデザートが楽しめそうなところはなく、桜木町に出ました。夜9時前でしたが、ラストオーダーのお店も多くて、桜木町駅の並び、モダンとはいえ高架下のワインホールというお店に入りました。

グリルのお店ですが、おつまみ少しとデザートにて。

f:id:lohasshonan:20170724130857j:image

f:id:lohasshonan:20170724130856j:image

 

チーズケーキが売りで、たくさん種類がありめした。写真は私が食べたマンゴーチーズケーキです。

グリルの香りもとても良かったので、お肉も美味しいんだろうな、というのと、意外とワインも充実したいるようでした。改めてきちんと食事に来てみるのもいいかも!

 

湘南でおもてなし、ユカタでカマクラ

梅雨って、明けたのかな…?

暑い日が続く中、三連休は海外から家に泊まりに来た友達がいて、炎天下を頑張ってエスコートしていました。

1日目は東京、2日目は海外からの観光客といえば、やはり鎌倉、3日目は箱根。湘南に滞在していれば、あっちもこっちもです(笑)

 

本来であれば、浴衣で街中を歩くものではないとはいえ、最近は浴衣着付けサービスも街中にちらほらとあるんですよね。浴衣の町歩きも市民権を得ていますね。

鎌倉で、キレイな浴衣姿が何人も通りかかるうちに、ゲストちゃんが、若い女子としては、やはり着てみたい!と^_^

 

というわけで、飛び込みで浴衣着付けサービスで着替えて、お昼を挟んで鎌倉を歩きました!

f:id:lohasshonan:20170717164336j:image

私も負けじと。

f:id:lohasshonan:20170717164401j:image

 

 意外と看板見て飛び込みでも大丈夫なものなので、鎌倉で発作的に浴衣が着たくなったら、ぜひお試しください!

男性の浴衣姿もちらほら見ましたが、男性とても素敵です。

そして浴衣を返す前に、もう少し時間もあるし、ジェラートでも食べよう、と前から行列が気になっていたところに並んでみました。

そんなに長い行列ではなかったのですが、ものすごい時間がかかっていて、なんだろう?と思ったら、注文を受ける都度、ジェラートを練り上げているではありませんか。

本物というか、マニアックな本格的!

並んだからには悔しくて、数十分待って食べましたが、ツースクープ、つまりツーフレーバーのカップを一つずつ買って、2人で3600円也‼︎

ビビり過ぎて、写真を撮るのを忘れました💦

 でも、ビビってレシートはとってありました。

f:id:lohasshonan:20170718131718j:image

 

味は超濃厚、凝縮されていて、確かに、オールハンドメイドなんだろうなあ、とはわかりましたが…

ワンスクープ900円のジェラートって、、。

昔、レディーボーデンの大きいのを兄と2人でぺろりとしていた私には、不釣り合い極まりないジェラートでした。ついでに、濃厚で、喉が渇きます。

並んでるのが数人でも、時間に制約がある時は要注意なお店です。

 

浴衣を返した後は、稲村ヶ崎の温泉♨️へ〜!

ゲストちゃん、温泉初体験でした。ここのお湯は肌に良いんです。夏はちょっと混んでますが、海の帰りにオススメです、

f:id:lohasshonan:20170718132455j:image

 

もやっていて、残念ながらこの時は隠れてましたが、普段はよく富士が見えるところです。

f:id:lohasshonan:20170718132605j:image

湘南鎌倉のおもてなしの一日でした!

 

 

夏の悩みをアロマで解決!

アロハでなく、ロハスでなく、アロマです(笑)

 

まだ梅雨も明けないのに、すっかり夏、しかも湿度が高い!

こうなると色々と出てくるものありませんか?

 

身体からは汗、汗も、痒み。

そして、虫。

 

色んな虫が出てくるんですよね。愉快なのも、不快なのも、痒いのも。、

 

これはまだ愉快なほう。

f:id:lohasshonan:20170710211413j:image

 

この悩みにかなり応えてくれるのが、アロマ、精油つまりエッセンシャルオイルです。

特に基本のティーツリーとラベンダーの精油

この二つだけは直接肌につけて大丈夫、ということになっていますが、蚊や虫に刺されて、赤く腫れてしまった時、ティーツリーやラベンダーの精油を塗ると、炎症が収まったり。

汗や気温が上がってなんとなく痒い時も、ローションや乳液にティーツリーを一滴混ぜて塗ると、効果覿面です。

 

そして、虫。。。あの不快なG。

これには、ペパーミントやユーカリが一番良いそうです。

Gが、ほぼ唯一、食べないのが、塩。その塩を、お茶っ葉パックに入れて、ペパーミントミントとティーツリーを10滴ぐらいずつ、これを入って欲しくないところに置きます。これで、少なくとも侵入は防げるそうです。これに、コンバットか、プラックキャップできっと完璧です。

 

ティーツリーは、オーストラリアではほぼ常備薬扱いで、掃除から消毒まで、医療現場でも使われているとか。

ニオイ対策もばっちりで、洗面器にティーツリーを一滴、タオルをこれで濡らしてしぼって、汗をかいた後の体や足を拭くと良い、とテレビでやってました。

 

また、抗菌や殺菌作用に優れているので、コップ一杯のお水にティーツリーを一滴落としてうがい、これで風邪のひき始めも乗り切れると。口の中が不快な時や、口臭が気になるときにも、この方法ですっきりしますし、歯磨きにも良いようです。ただし、絶対に飲み込まないこと。

 

ニキビで炎症起こしている場合にも良いようですし、とにかくオールマイティ。ラベンダーはリラックス効果も高くて、ベッド周りにもオススメですし、ティーツリーとラベンダーの精油を手元に置いておくと、重宝すると思います。

f:id:lohasshonan:20170711053118j:image

 

ですが、一つだけ注意したいのが、規格がしっかりしているお店で買うこと、です。

海外では、アロマも保険適用の国があって、つまり薬のようにきちんと当局が品質を規制しているので、そういう国では精油の質もしっかりしているのですが、日本はなんと、精油は雑貨!これは、100円ショップや無印など、安いお値段で売られているお店は、中身は天然のものだけではないと考えて良いと思います。

湘南地域で急に精油が欲しくなった時、辻堂のテラスモールに、生活の木か入っていました!

一日か二日待てるのであれば、アマゾンなどで、この生活の木や、ニールズヤードで買えば、間違いはありません。

写真は、生活の木のパッケージ。

 f:id:lohasshonan:20170711053129j:image

 

夏の悩みを、アロマで乗り切りましょう〜!